Entries

スポンサーサイト

希望就職先;イスラム国

ボスニアで、『イスラム国』へのリクルートへの対抗策がなされているようだ。以下ソース。>>The arrests of 16 Bosnians suspected of recruiting >>Muslim radicals to fight in Syria and Iraq have >>been criticised by their families>>>>シリアやイラクにおける過激派 (訳者注:イスラム国)>>への勧誘容疑でボスニア人16人が逮捕されたが、>>容疑者の家族はこれを批判している。>>“It is estimated that in these three year...

リアリスト・オバマ

昨今のアメリカの外交政策に関する、とても面白いコラムがあった。「マキャベリスト・オバマ」の誕生──イラク北部情勢への対応は「帝国」統治を学び始めた米国の今後を指し示すのかコラムの内容を要約すると、以下のようになる1.オバマ政権の外交ドクトリンは、古典的な勢力均衡論に基づいている (各地域で小勢力を相争わせ、アメリカ自身は可能な限り直接的介入を避ける)2.この勢力均衡型の外交ドクトリンは、「アメリカに対抗...

ハマスの内情を察する夜

このところのガザ紛争は、ユダヤ人3人の誘拐殺人がきっかけで起きたが、『ハマスは、この事件に関与してなかったんじゃないか?』とするコラムがあった。以下抜粋。>>while Israel continues to accuse the Hamas movement >>and its leadership of being responsible for the >>abduction, Palestinian security forces attribute >>the abduction to the Qawasmeh clan (中略)>>Though the clan is known for identifying with H...

ドイツの冷淡

ドイツ軍の海外での活動に対し、ドイツ国民は賛成していないようだ。以下ソース。>>82 percent would like to see fewer military >>missions for Germany's armed forces, >>60 percent preferred to see Germany remain cautious.>>>>82パーセントのドイツ国民が、国軍の任務の>>縮小を支持しており、また60パーセントが、>>より慎重な軍の運用を求めていることがわかった。>>While in 1994, 62 percent wanted to see Germany >...

介入へのハードル

アメリカの世論は、他国への介入に対して消極的になっているようだ。以下ソースの抜粋。>>ウクライナ危機やシリア内戦などの国際問題に対し米国民の>>47%が積極的な関与を求めず、逆の意見は19%である>>ことが最新世論調査で4日までにわかった。>>CNNの世論調査担当者は、米同時多発テロ以降に米国民の>>内向き志向が強まった背景について、アフガニスタンと>>イラクでの両軍事作戦で得られた教訓が大きいと分析。>>最近...

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。