Entries

スポンサーサイト

ダメだったか

自衛隊の中国派遣が、どうやら中止になったらしい。その後のニュースを見ると、自衛隊機は3機を動員し、3日で8往復程度の輸送を想定していたようだ。3機で8往復というのは、かなりのハードスケジュールである。ただし、これで運べる物資の量は、がんばっても150トン程度である。即座に物資が被災地に届くメリットはあるが、必要量から考えると誤差の範囲にしかならないほど少ない。強い言葉を使うなら、もし実施したとしても、自衛...

自衛隊の中国派遣?

今回の地震で、中国が自衛隊の援助の受け入れを検討している。正直に言って、そのニュースを聞いて相当驚いた。天災とはいえ、外国の軍隊の援助を請うことは、メンツを重視する国にとっては耐え難い恥である。ましてその軍が、自国の軍隊もできないような成果を挙げうるのならばなおさらである。自由主義国家の人間にとっては、助けてくれるのならばどこの誰でも構わないというのが常識だが、独裁国家はそうではない。人命よりメン...

精鋭こぞるアッツ島

アリューシャン諸島のアッツ島で、日米の遺骨収集の話が持ち上がっているらしい。以下ソース。>>米国防総省は13日、太平洋戦争の激戦地となったアリューシャン列島のアッツ島(米アラスカ州)で、>>戦死した旧日本兵の遺骨を収集するための日米合同調査を開始したと発表した。>>>>同省によると、合同調査は昨年7月に続き2回目で、前回発見された日本兵の埋葬地点を再び訪れ、>>遺骨収集を試みる。>>>>同列島の最西端に位置する...

兵器を輸出すること

先日テーマにした、「中国製スホーイ」 に関して一応は続報があった。以下ソース。>>ロシア空軍の傑作機として国際的評価が高いスホーイSu-27『フランカー』の知的所有権を巡り>>中国とロシアの間で対決機運が盛り上がって来た。>>>>ロシア政府は中国政府に対し中国製戦闘機瀋陽『J-11』は>>ロシアのスホーイSu-27SK型機のコピーで知的所有権を守るため提訴も辞さないと警告した。>>ロシアの有力メディアが相次いで報じた。>>>>中...

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。