Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/104-e4c9212c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

哀しみのボスニア国旗

ボスニア・ヘルツェゴビナという国家がある。
旧ユーゴスラビアの構成国の一員で、長い紛争に苦しんできた。

そして、この国の国旗と言うのが、このようなデザインなのである。


(ボスニア・ヘルツェゴビナ国旗)

一目見た瞬間に、これはEU旗をもとにしたものだとわかる。
この旗の中には、ボスニアの主要民族であるセルビア人、クロアチア人、ボシュニャク人のいずれのシンボルも存在しない。ボスニアという国土を表すシンボルすらない。



(EU旗)

近隣国であるセルビアの国旗が堂々と汎スラブ色を掲げ、クロアチア国旗がクロアチア人を象徴する白赤のチェックを中央に掲げているのとは大違いである。

  
(セルビア共和国国旗およびクロアチア共和国国旗)

ボスニアの国旗だけを見せられても、どういった国家なのか想像することもできない。

ボスニアがこのような旗を使う理由は、欧州の一員であることを少しでもEUにアピールするためであると言われている。
国旗という国家の象徴までもを利用して、欧州連合に取り入ろうとする同国の姿勢は、悲惨の極みである。


ボスニアに、そして旧ユーゴスラビアに幸あれと祈るばかりである。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/104-e4c9212c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。