Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/108-4ee1c9b0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パイロットの養成断念

再建中のJALで、パイロット候補生の一部が地上勤務を強いられたらしい。以下ソース。

>>経営再建中の日航が、パイロット候補生として採用した訓練生約130人の
>>養成を断念した。地上職として働くか。早期退職か。選択を迫られる訓練生。
>>
>>(中略)
>>
>>早期退職の選択肢を設けた会社は「別の道でパイロットになる可能性を残した」という。
>>民間の飛行学校や航空大学校で資格を取り、中小や外国航空会社に採用される道は
>>あるが、「採用が少なく、会社を辞めパイロットになるのは極めて難しい」(日航の操縦士)。
>>
>>訓練生側は「事業計画がまだ定まっていない先のことを、現時点で判断するのは不合理」と
>>反発。地上職として日航に残り、操縦士として養成するよう会社に求め続ける訓練生が
>>出てくる可能性は高い。訓練生と副操縦士らでつくる乗員組合も、長期的に支援を続ける考えだ。
>>
>>(後略)
>>
>>
>>http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100810/biz1008100922007-n1.htm

パイロットの道を阻まれた人間は、戦時中にも結構いた。

昭和20年になると、パイロット候補生の無理な大量生産と、航空機の生産量減少のため、日本海軍では搭乗員候補生のだぶつきが生まれた。そのため、かなりの人数が整備に回されたり、一部は回天の搭乗員になって戦死したりした。

飛行機を操縦するには、本人の努力だけではなく運も必要なのだろう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/108-4ee1c9b0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。