Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/134-9c2cb33f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

たまには書評2

気がつくと、ブログのネタがユーゴスラビア関連ばかりになっているので、また書評などを。


国際紛争 ジョセフ・S・ナイ・ジュニア著



もともと、大学での国際政治の授業で使われていた資料をまとめた書籍。これまで何度も加筆修正が行われており、2011年末現在の最新版はVer8.0。

ウェストファリア講和から二度の世界大戦、冷戦、ポスト冷戦という歴史の流れを、極めて客観的かつ網羅的に抑えている。国際政治の入門書としては、現在のところ抜群に優れている。

近現代史に興味のある人であれば、間違いなくお勧めできる良書である。




攻防900日 包囲されたレニングラード ハリソン・E. ソールズベリー著



独ソ戦での、レニングラード戦を取り扱った小説。本格的な包囲戦が始まるのは下巻からなので、場合によっては下巻だけ読んでもよいと思う(上下巻セットだとちょっと高いし)。

小説としても十分読ませるが、それ以上に「包囲戦での生活の知恵」がたくさん得られる。例えば...

1. 書物に使われている糊を集めて煮ることで、粥を作れる
2. 革靴や革鞄を煮詰めることで、栄養のある煮こごりを得られる
3. 飢餓の時代には、道ばたで売っているソーセージの組成を気にしてはならない

・・・・・まぁ、一生役に立たない知恵となることを願うばかりである。


面白い本はまだたくさんあるけど、今回はこのくらいで。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/134-9c2cb33f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。