Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/143-f64eb83e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C13]

古来、インドと日本は友好関係にあり
中国をけん制する意味でも、
インドに強くなってもらう方がありがたい気がしますよね。

また、かつてトムクランシ―は
日本がインドと組んでアメリカに戦争を仕掛ける
小説を書きましたが
そういう意味でも、インドの軍事力は決して侮れない存在。

中国とか韓国とか、アメリカ国内でもグリーンピースとか
とかく「嫌われるニッポン」ばかりが注目されるけれど
インドとかトルコ、タイランドなど、世界には「親日国」も結構多くて
そういう国の発展は、日本も喜ぶべきことだとおもいます。
  • 2012-05-13
  • 癌ダム4G
  • URL
  • 編集

[C21]  

>>癌ダム4Gさん

現状では、自衛隊と米軍によって中国海軍を封殺することが十分可能なため、対中国を想定した日印同盟というものは存在しません。そのため、インド海軍の成長が、中国海軍に対する直接的な牽制になる、ということは日本の現状においては考えにくいと思います。お言葉を返すようで恐縮ですが。

「中長的に、中国海軍が自衛隊で対処できなくなる」ことを想定して、今のうちから日印関係の改善をはかる、ということは有意義とは思いますが。
  • 2012-05-14
  • 扶桑
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

インド軍のこれから


インド軍が、ロケットの実験に成功したらしい。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE3EBE2E6958DE3EBE2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2
(ソース)

インドは21世紀に入り、国境防衛と内乱鎮圧を目的とした陸軍主体の軍から、インド洋の主導権確保を目的とした海軍主体の軍へとシフトしている。

おそらく、インドの中期的(2~30年くらい)な目標は、スエズからマラッカまでのインド洋における制海権の確立だろう。インド洋はタンカーの交通量が非常に多く(特にペルシア湾)、ここを封鎖できる能力を持てれば、外交上の強力なカードとなる。

将来のインド海軍は、複数の空母群と、原子力型と通常動力型の混在する潜水艦を主力とするようになる(現在の計画がうまくいくならば)。インド本土の基地航空隊と合わせれば、アメリカ以外はちょっと手が出ないほど強力である。

そして今回実験に成功したICBMは、インドの外交上、軍事作戦上の自由を保障し、インド軍を根底から支える戦力となる(核による報復力を与えるから)。


南アジアの将来の地域大国として、インドは目が離せない。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/143-f64eb83e

0件のトラックバック

2件のコメント

[C13]

古来、インドと日本は友好関係にあり
中国をけん制する意味でも、
インドに強くなってもらう方がありがたい気がしますよね。

また、かつてトムクランシ―は
日本がインドと組んでアメリカに戦争を仕掛ける
小説を書きましたが
そういう意味でも、インドの軍事力は決して侮れない存在。

中国とか韓国とか、アメリカ国内でもグリーンピースとか
とかく「嫌われるニッポン」ばかりが注目されるけれど
インドとかトルコ、タイランドなど、世界には「親日国」も結構多くて
そういう国の発展は、日本も喜ぶべきことだとおもいます。
  • 2012-05-13
  • 癌ダム4G
  • URL
  • 編集

[C21]  

>>癌ダム4Gさん

現状では、自衛隊と米軍によって中国海軍を封殺することが十分可能なため、対中国を想定した日印同盟というものは存在しません。そのため、インド海軍の成長が、中国海軍に対する直接的な牽制になる、ということは日本の現状においては考えにくいと思います。お言葉を返すようで恐縮ですが。

「中長的に、中国海軍が自衛隊で対処できなくなる」ことを想定して、今のうちから日印関係の改善をはかる、ということは有意義とは思いますが。
  • 2012-05-14
  • 扶桑
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。