Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/150-4a6bd603

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

セルビア人とボシュニャク人とレリーフのこと

セルビア南部で、大戦中のボシュニャク人指導者の肖像を撤去する、しないでもめているようだ。
以下ソースの抜粋。


>>Serbia To Remove Bosniak’s WW2 Leader Plaque
>>
>>セルビアは、第二次大戦中のボシュニャク人指導者の
>>肖像画の撤去に着手した。


>>Acif Hadziahmetovic (1887 ? 1945) was appointed
>>by Nazi Germany in April 1941 as the head of the
>>town of Novi Pazar
>>
>>アツィフ・ハドツィアフメトヴィチ(?)氏は、1941年に
>>ドイツ占領下のノヴィ・パザルのリーダーに選ばれた。


>>In Bosniak literature, he was perceived as “the
>>saviour of the Muslims from the Chetniks,” while
>>the official Serbian history treats him as a traitor
>>and ally of Nazi Germany, and is responsible for
>>killing a number of Serbs and other non-Muslims.
>>
>>ボシュニャク人にとって、彼は「チェトニク(セルビア系民兵)
>>からの守護者」であり、一方でセルビア人にとって彼は
>>(ユーゴを) 裏切った親ナチであり、多くのセルビア人や
>>非ムスリムに対する虐殺の責任者である。


http://www.balkaninsight.com/en/article/serbia-to-remove-bosniak-s-ww2-leader-plaque



・・・まず、占領期~チトー政権安定に至るまでのユーゴの指導者の中で、脛に傷のない者などいないだろう。自分が積極的に民族浄化やその他の弾圧を働きかけないまでも(そんな人間すら稀と思うが)、そういった行為を黙認しなかった者はいないだろう。

つまり、当時の指導者に対しては、「ナチの協力者」だの「虐殺の指揮者」だのといったレッテルを、いかようにも貼り付けることができるのだ。

だからこそ、ある程度までは、各指導者の評価をうやむやにしなくてはならない。東西ドイツが統一されたとき、東ドイツ市民をスパイとして裁かなかったように。そうじゃなきゃ、当時の村長以上の地位にあるものは、みんな「虐殺者」になってしまう。


今回の肖像画(レリーフかも)の撤去のアナウンスなどは、あまり賢い行いと思えない。この行為が引き起こすのは、「救世主」なのか「虐殺者」なのかという終わらない水掛け論と、無意味な民族ナショナリズムの高揚だけだ。そこにメリットは存在しない。


過去の検証はもちろん大切だが、だからといって感情的で無計画な行動は、不利益しかもたらさない。

ユーゴスラビアの傷はまだ深い。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/150-4a6bd603

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。