Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/174-8d094206

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アルメニアとチェスと虐殺

アルジャジーラによると、アルメニアの小学校ではチェスの教育が義務化されているらしい。

(ソース)
http://www.aljazeera.com/indepth/features/2013/03/201331792224757326.html


アルメニアの教育大臣によれば、

"Chess develops various skills - leadership capacities, decision-making, strategic planning, logical thinking and responsibility," Ashotyan said.
(『チェスは多くのスキルを伸ばす ― リーダーシップ、決断力、戦略立案能力、論理的思考力、そして義務感?(注:ニュアンス不明) などだ』、と大臣は述べた)

とのことだ。


まぁ正直、アルメニアの初等教育の内容に、さしたる興味はない。だが一方で、がぜん私の興味を引いたのは、アルメニアの心理学者のリーダーである、Ruben Aghuzumstyan氏の以下のコメントである。なかなか味のある文章なので、逐語訳はしない。


Aghuzumustyan explained why chess is so popular in Armenia, a nation with a troubled past. "We have a tough history," he said, referring to the mass killings carried out by the Ottoman Empire during World War I.

"Armenians have always been used to solving problems, because we always had problems. For us it often wasn't a question of living well or not, but a question of living or not. And chess is about solving problems on a board. It's not a coincidence that we, as a country, are so good at chess," Aghuzumustyan said.


アルメニアは、常に生きるか死ぬかの問題 ―― たとえば、オスマン帝国による虐殺 ―― に直面し、問題に対処することに慣れ、そのスキルを伸ばしてきた。そしてチェスも、同じように問題に対処するゲームである。だからこそ、アルメニア人はチェスに強い、という、なんだかわかるようなわからないような主張である。


この主張が正しいかどうかはさておき、『アルメニアではなぜチェスが人気か』とか『アルメニア人はなぜチェスに強いか』という話題にすら、『オスマン帝国による虐殺』というおなじみの話題を無理矢理にでもねじ込んできているのが、実にアルメニア的なロジックである。さすがのトルコ人も苦笑いだろう。

いや、アルメニア側の事情も知らないわけではないので、気持ちもわかるのだが、『チェス』と『虐殺』を結びつけるのは、さすがにちょっと無理筋でないだろうか。



がんばろう、アルメニア。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/174-8d094206

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。