Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/183-736c3160

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

旧ユーゴの武装解除

ボスニアで、民間保有の非合法の火器の回収が進められているようだ。以下ソース。



>>BiH takes action to reduce illegal weapons
>>
>>ボスニアは、非合法火器の削減に向けて動く


>>citizens will be able to pass their illegal
>>weapons to authorities without any criminal
>>responsibility.
>>
>>ボスニア市民は、一切の処罰なしに警察に対して
>>非合法の火器を供出できる。


>>It is estimated that 20 percent of BiH’s
>>population has about 750,000 unregistered
>>weapons.
>>(中略)
>>According to a 2011 UN Development Programme
>>report, there are more than 330,000 illegal
>>weapons in Kosovo.
>>(中略)
>>It is estimated that about 600,000 illegal
>>firearms are owned by the citizens in Croatia,
>>while Serbian citizens own about 950,000
>>illegally-held weapons.
>>
>>
>>ボスニア市民の約20%が、未登録の火器を
>>保有し、その総数は約75万丁と見られている。
>>(中略)
>>国連の報告によると、コソボには33万丁の
>>非合法の銃火器があるとされている。
>>(中略)
>>クロアチア市民は60万丁、セルビア市民は
>>95万丁の非合法火器を保有していると見られる。


http://www.setimes.com/cocoon/setimes/xhtml/en_GB/features/setimes/features/2013/08/31/feature-02

記事を読んで驚いたのは、非合法火器のあまりの多さである。

セルビア、クロアチア、ボスニア、コソボの4ヵ国(つまりは、ユーゴ紛争の主役となった国)で、300万近い銃火器が地下にあるというのは、大したものである。揉め事が起きると、どこからともなくカラシニコフが集まるわけだ。


そして、治安向上のために、これらの武器の回収が必要だという理屈もわかる。でも、実現は無理だろうな。
ユーゴではこれまでの紛争の中で、軍も警察も国際機関もあてにならない、頼れるのは自分だけ、という経験を繰り返してきた。そういう経緯がある国で、実質的な武装解除ができるとは思えない。

WW2ごろの旧式の歩兵銃が申し訳程度に出されて終わり、というのがオチではないだろうか。Kar98とか、エンフィールドとか、モシン・ナガンとか(もしかしたらフィンランドやソ連から流れた三八式歩兵銃も)。


旧ユーゴは、やっぱり今日もデンジャーゾーンである。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/183-736c3160

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。