Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/195-fc8ee6b9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

洪水と地雷とユーゴスラビア

旧ユーゴスラビアの洪水の深刻化により、『紛争当時の地雷が洪水のせいで流出してるかも』というファンキーな事態が懸念されている。以下ソース。


>>"There are reports that landmines buried during
>>the conflict and not yet removed are in some
>>instances being shifted with the landslides
>>(後略) "the Red Cross said.
>>
>>『紛争当時に埋設された地雷のうち、いまだ未撤去だった
>>ものが、洪水に伴う地滑りで移動したかもしれない(後略)』
>>と赤十字は述べた。


>>"We cannot say exactly what happened with the mine
>>fields," Bosnian President Bakir Izetbegovic told
>>CNN's Christiane Amanpour.
>>
>>ボスニアの首相である Bakir Izetbegovic 氏はCNNに対し、
>>『地雷原に今何が起きているのか、正確にはわからない』と
>>述べた。


>>He warned that the mines were likely displaced in
>>the flooding along with signs warning of mines in
>>the area.
>>
>>同氏はまた、地雷は警告の看板とともに、洪水で流出した
>>可能性が高いと警告した。


http://www.wtae.com/national/Balkans-flooding-Landmines-could-surface/26048528



地雷の厄介な性質は、かように「いつまでも脅威であり続ける」ことである。

一回でも地雷を埋められた土地では、「もう地雷の脅威はありません」と断言するのは非常に難しくなる。厳密な記録をもとに、全数を回収すれば別だが、それほどの理想的な対応は、ふつうムリである。

多くの現実では、「だいたい撤去した。でも、この辺は危ないから、なるべく近づかないで」というレベルにとどまり、地域住民は一定の恐怖と、一定の犠牲とともに暮らすことを余儀なくされる。


そして、今回の洪水のような事態が起これば、より脅威は高まる。たとえ実際の被害が増加しなくても、心理的なプレッシャーの増加は避けられない。とりわけ、広く土地を利用する農民にとって、これは苦痛だろう。


一度紛争をすると、後遺症はなかなかに厳しい。がんばれユーゴスラビア。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/195-fc8ee6b9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。