Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/200-c72482e5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

サッカーと無人機と乱闘とテロ


セルビアとアルバニアとのサッカーの試合で、ちょっとした騒ぎが起きた。以下ソース。


>>Last week's Euro 2016 qualifying match was abandoned
>>after 41 minutes following a brawl sparked by the
>>arrival of a drone carrying a flag emblazoned with
>>the insignia of 'Greater Albania.'
>>
>>先週行われたユーロ2016の試合は41分経過後、無人飛行機が
>>「大アルバニア旗」を掲げたのをきっかけに起きた乱闘に
>>よって、中止された。


>>European football's governing body UEFA ruled that
>>the European Championship game be awarded 3-0 in
>>Serbia's favor but also deducted three points from
>>the host nation.
>>
>>欧州サッカー連盟は、没収試合としてセルビアの3-0の
>>勝利としたが、同時にセルビアの勝ち点を3点剥奪した。


>>The incident shocked the world of football as ethnic
>>tensions between the two countries flared.
>>
>>両国の民族対立を燃え上がらせたこの事件は、サッカー界
>>に衝撃を与えた。

http://edition.cnn.com/2014/10/24/sport/football/serbia-and-albania-punished-by-uefa/index.html?hpt=ieu_c2



サッカーをきっかけに、暴動や戦争がおこること自体は、珍しいわけではない。
エルサルバドルとホンジュラスの「サッカー戦争」は有名だし、ボスニアでは審判への暴行をきっかけに大暴動が起きたこともあった。
それらを考えれば、今回のセルビアの騒ぎも、ものすごく特別というわけではない。


ただ、無人機を使った行動が成功したという点において、潜在的な危険性が示されたのは確かである。

今回の無人機は旗を振っただけだが、やろうと思えば観客やフィールド上の人間を殺傷することは難しくない。
「特攻」をすることは十分可能だし、観客に武器を渡すこともできる。軽機関銃レベルであれば、秘密裏に渡せるだろう。どれだけスタジアムの入口で荷物チェックしてもムダである。

恐らく、無人機を使ったスポーツ会場(あるいは政治イベント会場)でのテロは、近いうちに起こるだろう。それも、けっこうな死傷者を出す形で。


3Dプリンタで、個人レベルでハードウェアの製造ができるようになったら、密造銃ができた。無人機の民間市場での普及は、個人レベルでの物資の空輸を可能にした。

世の中は皮肉なものである。がんばろうぜ人類。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/200-c72482e5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。