Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/30-9c86a3a0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C4]

そんなニノ悪かったんですか?

[C5]

 二宮氏について。
 全体的に、態度が斜に構えすぎ。言い方がいちいち嫌味っぽく、カンに障る言動を繰り返す。しょっぱなから「こんな島アメ公にくれてやれ」 等、役の設定を差し引いて考えても無茶な言葉を繰り返す。
 一番酷いと思ったのが、「どっちが陛下の御為になる、あぁ?」 と言うシーン。この口調を聞くだけで、ああ、この役者は当時の日本がどんなものか勉強せずに映画に出たんだなぁ、というのがわかる。

 あと、シナリオも秀逸とは思えない。主人公の既婚という設定からして違和感あり。顔が幼いので、どうしても応召兵には見えない。そして、行動が一般的な兵士とかけ離れてる。兵でありながら旅団長の命令に逆らうような言葉を言う、味方(それも憲兵)に投降をほのめかす、栗林中将に異常に目をかけてもうらうなど、不自然な点が多すぎる。
 それに、いくら銃砲撃を受けても怪我一つしないのがなんとも。映画の半ばを過ぎると、この主人公は最後まで生き残って捕虜になるんだな、というのが露骨に予測できる。なので、硫黄島の絶望的な状況にうまく感情が入っていけない。「どうせこいつは生き残る」 という気持ちが邪魔になる。
 終盤のあたりでは、5日間飲まず食わずでも元気いっぱい。敵兵に囲まれている状態で暴れても敵から撃たれない。そりゃないだろう、というシーンが続く。

 もう少し、どうにかならなかったのかな。「昔、硫黄島という島で日米が戦ったんですよ」 ということを世間に知らしめた、という意味では価値があるとは思うけど・・・・・・・・
  • 2006-12-26
  • 扶桑
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

硫黄島からの手紙

 見てきました。「硫黄島からの手紙」

 ・・・・・・いや、びっくりするほどつまらなかった。何が酷いって、主役の兵士役(二宮和也)の演技が余りに下手すぎ、というか違和感がありすぎて、画面に出てくるたびになんだか白けた。

 数少ない見所は、九八式臼砲なんてえらくマイナーな砲がでてくること(しかもシャーマンに直撃。そんな簡単に命中するわけないのに)と、地面に埋め込まれた九五式軽戦車の悲壮な姿くらいか。

 とりあえず、見る価値はないです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/30-9c86a3a0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C4]

そんなニノ悪かったんですか?

[C5]

 二宮氏について。
 全体的に、態度が斜に構えすぎ。言い方がいちいち嫌味っぽく、カンに障る言動を繰り返す。しょっぱなから「こんな島アメ公にくれてやれ」 等、役の設定を差し引いて考えても無茶な言葉を繰り返す。
 一番酷いと思ったのが、「どっちが陛下の御為になる、あぁ?」 と言うシーン。この口調を聞くだけで、ああ、この役者は当時の日本がどんなものか勉強せずに映画に出たんだなぁ、というのがわかる。

 あと、シナリオも秀逸とは思えない。主人公の既婚という設定からして違和感あり。顔が幼いので、どうしても応召兵には見えない。そして、行動が一般的な兵士とかけ離れてる。兵でありながら旅団長の命令に逆らうような言葉を言う、味方(それも憲兵)に投降をほのめかす、栗林中将に異常に目をかけてもうらうなど、不自然な点が多すぎる。
 それに、いくら銃砲撃を受けても怪我一つしないのがなんとも。映画の半ばを過ぎると、この主人公は最後まで生き残って捕虜になるんだな、というのが露骨に予測できる。なので、硫黄島の絶望的な状況にうまく感情が入っていけない。「どうせこいつは生き残る」 という気持ちが邪魔になる。
 終盤のあたりでは、5日間飲まず食わずでも元気いっぱい。敵兵に囲まれている状態で暴れても敵から撃たれない。そりゃないだろう、というシーンが続く。

 もう少し、どうにかならなかったのかな。「昔、硫黄島という島で日米が戦ったんですよ」 ということを世間に知らしめた、という意味では価値があるとは思うけど・・・・・・・・
  • 2006-12-26
  • 扶桑
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。