Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/46-c0a18a39

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

産経新聞のコラム

 産経新聞でちょっと面白いコラムがあったので、一部抜粋してみる。原文はもっと長いので、Webサイトを参照のこと。


・【やばいぞ日本】第3部 心棒を欠いている(2)

 日本が北朝鮮の核問題に目を奪われている間に、台湾海峡のパワーバランスが大きく変わりつつある。
 「われわれは台湾独立を阻止するためなら武力行使も辞さない。その際、日本は絶対に関与すべきではない。関与すれば南西諸島を攻撃せざるをえなくなる」
 昨年11月、東京で開いた民間団体主催の日中軍事フォーラム(非公開)で、人民解放軍の ある将官はこう警告したという。

(中略)

 在日米軍が台湾防衛のため南下し、日本が米軍の後方支援に動いた場合、中国軍は南西諸島を占領、「機雷の敷設や潜水艦による待ち伏せ攻撃によって日米の台湾支援を遮断する狙いから」(退役将官)とみられる。

(中略)

 あわせて台湾上陸の拠点を確保する。「台湾本島への侵攻には東からの正面攻撃と背後(西側)からの挟撃作戦が想定シナリオ」(台湾軍筋)だ。
(以下略)

このページより引用した


 まず第一に認識すべき点は、責任ある立場の人間が公式な場で言ったわけではないという点。
 人民解放軍はその巨大さから完全な意思統一は成されておらず、民間のフォーラムで将官が発言したとしても、これが全軍の意思であるとは限らない。

 次に、中台開戦はありうるのか、またその際に日本が戦争に関与する可能性がどの程度あるのか、ちょっと考察してみる。

・近未来での中台開戦はありうるか
 考えにくい。もし開戦すれば国際的な制裁を受けるのは必定であり、中国にとってデメリットが大きすぎる。
 それに、台湾に上陸するだけの戦力を現在の中国軍は持っていない。電撃的に全土を占領するならまだしも、米軍の本格的な介入を招けば上陸は頓挫せざるを得ない。ただし中国軍は近年装備を充実させているので、10年後、20年後はどのようなパワーバランスになるかは未確定。
 今後、中国軍の充実につれ、中国政府は台湾政府の政治的譲歩を引き出すために 「戦争を仕掛ける」 という脅しを繰り返すのは間違いない。逆に言えば、しばらくはハッタリを繰り返すだけので、あまりまじめに相手をする必要はないということでもある。


・仮に中台が戦争状態に入ったとして、日本への宣戦はありうるか
 相互に深く経済依存している日中が、わざわざ好き好んで開戦するとは考えにくい。日本政府は憲法の関係上、宣戦布告を行うのは困難であり、中国も決定的に日本と対立する事は望んでいない。むしろ中国は日本の中立化を求めている。


・仮に中台が戦争状態に入ったとして、沖縄や南西諸島への上陸はありうるか
 ほぼありえない。日本領への上陸は自衛隊の参戦を招きかねず、中国軍は敵を増やすだけである。また台湾本島以外の余計な島へ上陸する余裕は中国軍になく、下手に沖縄に近い島を占領しても、米軍の手ひどい攻撃を受けるばかりであり、台湾侵攻の際の根拠地にするのは不可能に近い。
 台湾東部への上陸を試みるなら、中国本土を基地にすれば充分。


・仮に中台が戦争状態に入ったとして、日本へのミサイル攻撃はありうるか
 ありうる。
 米軍が本格介入した場合、沖縄や横須賀への大規模なミサイル攻撃は充分に考えられる。
 ただし、核弾頭やその他の特殊弾頭を使うことは考えにくい。中東やアフリカなどと違い、日本で下手なことをすれば全世界にその情報が発信される。そのリスクを犯してまで使うメリットはない。
 沖縄県を中心に相当数の民間人犠牲者が出るのは覚悟したほうがいい。


 こんなとこかな。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/46-c0a18a39

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。