Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/67-5d57bd48

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

戦場と難聴

アフガンやイラクで作戦に従事していた英兵に難聴患者が続発し、問題になっているらしい。以下ソース。


>>元英兵千人超、聴力障害に 戦場の爆音、鼓膜痛める
>>
>>アフガニスタンやイラクから戻った英兵1000人以上が、戦場での爆音が原因で
>>深刻な難聴などの聴力障害を訴えていると、30日付の英紙タイムズが報じた。
>>アフガンのある部隊では10人に1人が難聴になり、同紙は「隠された人的被害」
>>と強調している。
>>
>>英在郷軍人会は過去3年間で1195人の帰国英兵が国防省に対し、聴力障害を
>>訴えているとしている。
>>
>>イラクより、アフガンでの戦闘に従事した兵士の方が被害が深刻。反政府武装勢力
>>タリバンが路上に仕掛けた爆弾の爆発や、至近距離での戦闘、重さ200キロもの
>>爆弾を使う空爆などが鼓膜を破るなどの損傷を与え、聴覚が完全に失われた兵士もいる。
>>
>>国防省は、聴力障害は重大な問題だとしながらも、現場には耳栓などを配布して
>>いると主張。しかし、イラク南部に派遣され、左耳が重度の難聴になった元兵士
>>(33)は「迫撃砲の脇で作業をする際にも無線通信を聞く必要があった」ため、
>>耳栓は装着できなかったと話している。
>>
>>>http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081031/erp0810310934002-n1.htm


実戦を経験した将兵に難聴患者が多いことは、何も今に始まった話ではない。日本陸軍の将校も、年配になると耳が遠くなるというのはよく知られていた。特に症状がひどいのが砲兵将校で、砲兵は声の極端にでかい兵隊ばかりだった (そうでないと意思の疎通ができない)。


太平洋戦争中は、大抵の学校に陸軍将校が配属されて軍事教練を行ったが、その将校が砲兵だと生徒達は喜んだことが知られている。耳が遠く、教練中に悪口を言っても聞こえないからである。


砲という兵器が存続する限り、将兵が難聴になるのを避けられる日は来ないだろう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/67-5d57bd48

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。