Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/68-015c80c5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ロシア人とウォッカ

ロシアでウォッカの消費量が減少しているようだ。以下ソース。


>> 世界的に深刻化する金融危機の影響を受け、ロシアではウオツカの消費量
>>にも陰りが見えている。アルコール業界の関係団体が24日明らかにした。
>>
>> それによると、2008年11月1日時点のロシア国内の倉庫や小売店での
>>ウオツカの在庫量は8200万リットルと、前年同期に比べて6倍に増えた。
>>近代ロシアでは前例のない在庫水準の高さだという。
>>
>> アルコール業界団体の会長は、ロイターに対し「人々は飲み物を含め節約しているが、
>>これは可処分所得に対する金融危機の影響が関係している」と述べた。
>>
>> ロシアは世界的な金融危機の打撃を最も受けた国の1つ。株価は5月以降で約70%
>>下落し、労働者は失業や給与の未払いなどにも苦しんでいる。


http://www.excite.co.jp/News/odd/E1227597017179.html



かつて、ウォッカといえばソ連が本場であり、ソ連といえばウォッカというイメージがあった。

ソビエト連邦に、異常なほどアル中患者が多かったことは、情報が遮断されていた冷戦時代ですらよく知られていた。その比率は不明だが、総人口の10%とも30%とも言われていた。未成年の患者も多く、男性の平均寿命は60歳を切っていた (実は2008年現在も60歳には達していない)。

ソ連時代は、いつまでも改善しない経済に嫌気がさして、アルコールに逃げないとやってられなかったと言われる。そして、ウォッカは安価で、度数が強かったために絶大な人気があった。

しかし現代のロシアでは記事のように、経済が低迷するとウォッカの消費が減るという理解しがたい現象が起きている。まさか、最近のロシア人はお金がないと酒の消費を押さえるのだろうか? とても信じられない。そもそも、ロシア人に 「可処分所得」 などという、資本主義的な用語は似合わない。ついにロシアまでもが、西側的な考えに染まりつつあるのだろうか。

ロシアがソ連からどんどん遠ざかっていくようで、一抹の寂寥を感じなくもない。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/68-015c80c5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。