Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/72-39508458

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本製T-34


>> ロボットベンチャーの株式会社テムザックと警備会社のアラコム株式会社は22日、携帯電話で
>>遠隔操作可能な新型警備ロボットを共同開発したと発表し、記者会見を行なった。

>> テムザックとアラコムは、経済産業省による平成18年度「サービスロボット市場創出支援事業」
>>に採択された「警備業務向け高速自律移動を行う現場状況確認ロボット開発事業」をきっかけに、
>>ロボットの共同開発を行なってきた。今回発表されたロボット「T-34」は、その試作機。520×600mm
>>(幅×高さ)、重量12kg。走行速度は最大およそ時速10km。カメラ、人感センサーなどを備え、
>>侵入者を網で捕まえる防犯対策機器ネットランチャーを搭載している。スキップバック録画機能を
>>持ち、センサーが反応する10秒前からの映像を合計20秒間まで記録できる。バッテリは今回の
>>ロボットではニッカドとニッケル水素電池を組み合わせて使っている。
>>
>>(以下略)
>>
>>http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/01/23/1567.html

こちら警備ロボットのT-34。

t-34jp_2.jpg


会社名のテムザックの頭文字をとってT-○○という名称にしているのは理解しているが、それにしてもT-34という名前はすごい。
かつてソビエト連邦に、同じT-34の名前を冠したメカがあった。やはりT-34というと、こちらを思い出す。


t-34su_1.jpg


両者を比較すると、以下のようになる

日本製T-34
開発 2009年
重量 0.012トン
乗員 0名
装備 投網 * 1
   録画機能

ソビエト連邦製T-34
開発 1939年
重量 34トン
乗員 4名
装備 76.2mm砲 * 1
   7.62mm機関銃 * 2


新たに何かを発明するときは、名前にも気をつけなければならないな、と思う。


t-34su_2.jpg      t-34jp_1.jpg

真正面からの印象が、無駄に似ているところが心憎い。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/72-39508458

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。