Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/76-38a1d0c1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

オーストラリア軍の中期計画

オーストラリア軍が、大幅な戦力増強を目的とする中期計画を立てたらしい。

ソースは http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,,25383010-22242,00.html だが、英語なので以下に要約


・7000トン程度の、対弾道ミサイル戦を考慮した軍艦を調達
・2025年までに、新型潜水艦12隻を配備(現在は6隻)
・現在の小型哨戒艇を、1500トン級の大型哨戒艇に更新
・対潜哨戒機を、P-3からP-8に更新
・無人偵察機も導入できたらいいな
・F-35の調達を最低でも2014年ごろに開始(産経新聞の報道では、「2014年までに100機」と豪語しているが、ありえない)
・輸送機や対潜ヘリコプターも増強したい
・陸軍も近代化しようじゃないか
・経済的には厳しい


とりあえず、海軍関連について。

この報道だとなんとも言えないものの、この 「7000トンの対弾道ミサイル戦用軍艦」 は、スペインのアルバロ・デ・バサン級や、ノルウェーのフリチョフ・ナンセン級のような、「ミニ・イージス」 を目指しているのか?
現在のオーストラリア海軍の水上艦はフリゲートを主体としていて、現在はアンザック級が8隻、アデレード級が4隻ある。アデレード級はだいぶお年寄りなので(自衛隊の 「あぶくま型」 よりも一回り古い)、その退役に合わせてミニ・イージスを・・・という計画なのだろうか。
地元紙の報道では、アンザック級の後継という扱いになっているが、アンザック級はあと20年は余裕をもって使えると思うのだが。

また、つい数年前に作ったばかりのアーミデイル級哨戒艇を、1500トン級のヘリの発着が可能な哨戒艇に置き換えるつもりらしい。たぶん、「このご時世にミサイルもヘリもない哨戒艇ではちょっと・・・・」 と考えたものと思われるが、1500トンにヘリというのはちょっと厳しいのでは?

潜水艦も、国土面積を考えれば現在の6隻は確かにちょっとさびしい。だからといって、いきなり2倍にしましょうというのもスゴイ話だ。


かつて、日本海軍の八八艦隊計画は、ワシントン軍縮条約などの理由により雲散霧消したが、この豪州軍の計画はどうなるのだろうか。続報を待ちたい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/76-38a1d0c1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。