Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/90-6e20f82b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

鎌とハンマーとナタと歯車

共産主義の象徴として、「鎌とハンマー」という図柄がある。

flag01.png

ソビエト連邦の国旗にこの柄が採用されていたほか、他の東側諸国の国旗の中にもこれを取り入れたものがあった。いわゆる「赤い星」と並び、東側を象徴する図柄であった。

flag05.jpg
(ソ連国旗)

しかしソ連の崩壊や冷戦の終結にともない、2009年現在、「鎌とハンマー」を国旗に取り入れている国は、沿ドニエストルだけになってしまった。同国はモルドバからの独立を試みている、いわばロシアの傀儡政権といえる国家であり、国際的な国家承認を全く受けていない小国である。これがソビエト式社会主義の成れの果て、ということなのか。

flag02.jpg
(沿ドニエストル国旗)




またアンゴラは、「鎌とハンマー」に近い「ナタと歯車」を国旗に採用している。国旗全体も、なかなか悪くないデザインである。
flag03.jpg
(アンゴラ国旗)

しかしアンゴラでは、2003年に新たな国旗の図柄が提案されている。下手をしたら、「ナタと歯車」が消滅しかねない状況である。だが、新たに提案された図柄というのが、これなのである。

flag04.jpg
(アンゴラ国旗 新案)

小学生の落書きか? と思わせる稚拙さである。個人的には、こんな国旗の国家に所属するのはゴメンである。
アンゴラ国民には、ぜひ旧デザインの国旗を死守してもらいたい。いや、どう考えてもそっちの方がカッコイイじゃん?
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/90-6e20f82b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。