Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/91-67008bf2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ロシア人とアルコール

ロシアで酒の販売価格が上がり、またロシア人が酒以外のアルコールを飲み始めたらしい。以下ソース


>>(前略)
>>
>>政府は国民の酒量を減らすため、2010年1月からウオツカの
>>最低販売料金を設けることを決めた。しかし、密造酒はおろか
>>アルコールを含む薬品さえ飲んでしまう国民性を変えられるかは
>>大いに疑問だ。「アルコールとの戦い」と呼ばれる政府と国民の
>>駆け引きは、今回もいたちごっこに終わるのだろうか。
>>
>>(中略)
>>
>>ロシア政府は10年1月から、ウオツカ0・5リットル当たり89
>>ルーブル(約260円)という最低販売価格を設けることを決めた。
>>09年まではこの半額程度で同量のウオツカが手に入っただけに、
>>酒好きの国民には大きな仕打ちとなる。しかし、「料金を上げれば
>>飲む量も減るはず」という理屈が通らないのがこの国だ。
>>
>>露ガゼータ紙は09年12月11日付で、アルコール問題の大型特集を
>>組んだ。それによると、ロシア人は化粧水のほか、浴槽やガラスの
>>汚れを取る薬品類など、アルコールが入っていれば何でも飲んでしまう。
>>
>>(中略)
>>
>>「金がなければ買わずに飲む」のがロシア流、ということか。
>>
>>(後略)
>>
>>http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091226/erp0912262001002-n2.htm


アルコールが入っていれば何でも飲む、というのはロシア人の伝統だが、何も21世紀の今になってその伝統を復活させなくてもいいのに。

ソ連時代でもあるまいし、金さえ出せば酒はいくらでも買えるのだから、わざわざ命のリスクを冒す理由がわからない。しかも、

>>ウオツカ0・5リットル当たり89ルーブル(約260円)

値上がりしたとはいえ、十分安い。日本で買ったらこの10倍はする。


まあ、冷却用アルコールだの印刷用インクだのといった液体を飲んで死んでいくのがロシア人なのだろう。
その国家規模の自棄的な死に様は、ある意味では潔く美しい。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/91-67008bf2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。