Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/94-852272ee

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

占守島の戦車

ロシアが、占守島の日本軍戦車の残骸の回収に乗り出したらしい。以下ソース。


>> ◇占守島の日本軍戦車展示へ 終戦後の悲劇、サハリンで
>>
>> (前略) 千島列島最北端のシュムシュ島(占守島)に残る旧日本軍の戦車を、ロシア極東サハリン州が
>> 「歴史的な文化遺産」として (中略) 展示する計画を立てていることが27日、分かった。
>>
>> (中略)
>>
>> サハリン州によると、シュムシュ島には現在、10両以上の旧日本軍戦車が残るが、
>> 保存状態が良い1両を今年6月にサハリン州へ移送する予定。(共同)
>>
>> http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100227/erp1002271851004-n1.htm
>>
>>http://sankei.jp.msn.com/photos/world/europe/100227/erp1002271851004-p1.jpg

type_95


写真に映っている戦車は、九五式軽戦車である。同地の守備隊には戦車第十一連隊があったので、その所属だろう。

同戦車は、国内に1輌しかない貴重なものなので、他国であったとしても回収されるとは喜ばしいものである。

かつてサイパンから九七式中戦車を持ってくるときには、費用や許可の面でだいぶ関係者が苦労したようだが(その戦車は今、靖国神社に展示されている)、今回はロシア内部の話なので、そこまで大きなトラブルも起きないだろう。予算さえ調達できるならば。


終戦から65年が経ち、世界各地に残る当時の戦車や装甲車もだいぶ朽ち果てつつあるので、各国の回収事業に期待したい。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://husou.blog38.fc2.com/tb.php/94-852272ee

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

扶桑

Author:扶桑
  
本家サイトはシスプリが中心ですが、こちらは特にテーマを絞らず、面白いと思ったことはなんでも取り扱っていきます。

最近は、冷戦、ソビエト連邦、旧ユーゴスラビアなどのネタが増えてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。